【更新理由】キャラクター追加&評価書き換えのため

ee892633912678076eab8a11df9c0bc9

未だに更新を続けているUNITIAの攻略サイトが少ない!!
ということでたまには攻略情報アリーナ編になります。
あくまでもプラ3確保の方法としてご覧ください。
上位ランカーは参考になりませんのでスルーしてください。
【キャラクター】
以下のカテゴリーで最上位のメンバー(限界突破2以上)でパーティーを組めば
装備がよほど酷くない限りプラ3に行けないということはあり得ません。
ただし入手が困難なキャラクターもいますので
揃わない人は上位・中位と組み合わせてください。

※名前横の数字は直近5回の六天王順位です。(19/09/02より採用)

★最上位★
[★5スキル強化]フラネール,レジーナ
[★5]ポニーナ,バーチェ,天使サーニャ,カゲチヨ,オルセン,主婦フラネール,秘めたるリュイン,デビルロウェーヌ,シュレディカ,清廉トリストラ,サンシャインマキア

◎上位◎
[★5スキル強化]エクレール,オフィリア
[★5]ルチア,カサリナ,銀狼ラージュリア,エリー,ロザーナ

◯中位◯
[★5スキル強化]メルメル,ジェイニー,ロシュヴァーン,アセリア,フランチェスカ,リディア
[★5]真紅ロシュヴァーン,ウィルマ,エルザ

△下位△
[★5スキル強化]ヴェロニカ,ルル,カロル

X★4★3勢X
[★4]チアガヘリーゼ,イオリ,浜辺アセリア,波打ち際ガレサ,シェーレ,ウェイン,ルピア,ツキミ

★最上位★

【フラネール(スキル強化)】(上位→中位→中位→中位→3)
・評価
ランカーテンプレ六傑集の一人にして六傑集第三位。
スキル強化で一気にランカーテンプレに復帰。
アクティブスキルはサポート役でトップスキル。
かつ、素早さ5%アップを所持。
青サーニャとシュレディカの良いところ取りをしたような性能となっている。
意外と攻撃面でも性能は高い。
倒された後もオートスキルのバフは継続するのも強み。
サーニャと評価は二分しており、併用するランカーも非常に多い。
・装備
装備は絶対的に素早さを上げるべき。
弱体化成功率の付いた装備を付けるとなお良い。

【レジーナ(スキル強化)】(4436最上位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
恐ろしいほどのダメージを叩き出すアタッカー。
ポニーナが猛威をふるい始めた結果、彼女への対抗策として一気に流行。
サブとしては変わらず一番人気だが、青リュインの人気も伸びておりやや減少傾向。
赤属性は下火であり、彼女の評価が大きく落ちることはまだないだろう。
・装備
突発攻撃率に全振り。
プラ3狙いであれば攻撃力振りでもいい。

【ポニーナ】(36621)
・評価
ランカーテンプレ六傑集の一人にして六傑集第一位。
青サーニャとフラネールに人気が二分したことで一位に押し上げられた。
登場後、即ランカーが次々に採用した最強ディフェンダー。
オルセンの復権などもあり必要不可欠な存在となっている。
トップランカーの火力がインフレ気味であるため彼女一人では防波堤になりきれない状況に。
バーチェとセットにして起用するランカーが多い。
・装備
防御力は確実に上げたい。
通常攻撃は一定確率で固定500ダメージが付いているので反撃率を上げるのが定石。

【バーチェ】(未登場→未登場→542)
・評価
ランカーテンプレ六傑集の一人にして六傑集第二位。
アクティブスキルが二種類とも固定ダメージ付きなので
守りを固めたポニーナや皮肉にも相手バーチェ対策になる。
安定してダメージを与えることから主力アタッカーとして起用するランカーも多い。
また、オートスキルで相手のクリティカル率を大きく下げることが出来るのが最大の魅力。
天敵だった赤フラネールの起用率がやや減少傾向にあり、さらに強固な存在となっている。
・装備
彼女の立ち位置により大きく変わる。
パーティーの延命役であればブロック率・防御力などの守りを固めるべき。
一方で火力役を期待するのであれば素早さクリティカルになる。

【天使サーニャ】(22214)
・評価
ランカーテンプレ六傑集の一人にして六傑集第四位。
フラネールの復権により人気を二分することとなり順位を落とした。
サポート役においてフラネールと双璧をなす存在。
フラネールが素早さ5%あったなのに対してこちらは8%なのが特徴。
また、フラネールは状態異常対策のためには事前に動く必要があるのに対して
こちらは解除なので後で動いても大丈夫なのがメリット。
どちらも甲乙つけがたく共存させやすいので同時に利用するランカーも少なくない。
・装備
素早さを上げると良い。
瞬殺されるのを防ぐためにブロック率を上げると多少の延命は期待できる。

【カゲチヨ】(未登場→未登場→未登場→55)
・評価
ランカーテンプレ六傑集の一人にして六傑集第五位。
ポニーナに次ぐディフェンダーである。
味方全体の防御力を30%引き上げることが出来るのが魅力。
また、彼女のアクティブスキルは防御力に依存したり相手の強化効果数に依存していたりと
こつこつと反撃でダメージを蓄積させていくポニーナと違い攻撃力も高い。
特に強化効果数によりダメージを与えられることから対オルセンとして絶大な効果を発揮する。
ポニーナ、カゲチヨ、バーチェの三点セットは次世代の新耐久パーティーと言っていい。
・装備
防御力やブロック率を上げたい。
対オルセンを想定すれば封印耐性も付けておくと万全。

【オルセン】(1最上位最上位最上位6)
・評価
ランカーテンプレ六傑集の一人にして六傑集第六位。
突発攻撃の嵐で場を乱すプレイメーカー。
通常攻撃に封印が付いているのが最大の特徴。
スキル2の能力は唯一無二で恐ろしいほどの突発攻撃の嵐で封印を付与させていく。
フラネールとサーニャのWサポートで高火力で攻撃しまくる。
サブ起用が多かった彼女だが、編成の変化で今ではメインで起用するランカーも多い。
かつての女王の復権は着々と進む。
・装備
素早さや突発攻撃率・クリティカル率を上げたい。

【主婦フラネール】(未登場→未登場→未登場→3最上位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
ダメージは正義を体現した存在。
オートスキルの効果が恐ろしく味方全体のダメージが大幅に強化される。
さらに装備を整えれば素早さは100を超え、
アクティブスキルで味方の被ダメを抑えたり敵の攻撃力を下げたりと攻守ともにスキがない。
ただし、今では元祖フラネールに立場を奪われるという皮肉な結果となっている。
・装備
素早さを上げると良い。
彼女のアクティブスキルをより発揮できるようにステータス弱体化成功率を上げるのも手。

【秘めたるリュイン】(未登場→未登場→上位→最上位最上位)
・評価
攻撃力3000オーバーという高い火力でゴリ押しするアタッカー。
スキル2はクリティカル確定貫通なので状況に左右されないのが魅力。
元々の攻撃力が高いことから突発で攻撃力を上げていくレジーナと違い
オルセンの影響を受けづらいが封印は入るので対策は必要。
打たれ弱いことからサブ起用するランカーが多い。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。
スキル2のみ発動して退場しても構わないならば攻撃力を上げるのもいい。
オルセン対策として封印耐性を入れるのも手。

【デビルロウェーヌ】(未登場→未登場→未登場→未登場→最上位)
・評価
速攻パーティーで起用されやすい瞬発型キャラクター。
オートスキルで敵全体の攻撃力を25%下げるだけでなく、
味方全体の攻撃力を25%アップさせることが出来る。
ただし攻撃力アップは1Tのみであるため速攻パーティーでないと旨味が少ない。
スキル2は、非常に威力が高く黒属性や白属性は体力をゴッソリ奪いやすい。
また、クリティカル率を30%ダウンさせることからオートスキルとの相乗効果もあって
延命に大きな効果を発揮する。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。

【シュレディカ】(未登場→11最上位最上位)
・評価
ステータス弱体化耐性の装備が広まったことや強化効果解除持ち新キャラの乱発により
評価を大きく落としてしまった元ランカーテンプレ六傑集。
フラネールのスキル強化により、さらに活躍の場は減少傾向。
しかし、ランカー入り口までの起用率はいまだに高く人気である。
彼女のスキル2『フィールヴェルト』によるパーティー全体へのラストスタンド付与は、
強力かつ唯一無二である。
・装備
絶対的に素早さ。
次にクリティカル率や追加攻撃率を上げると良い。
重課金勢であればステータス弱体成功率アップ装備を付けている場合が多い。

【清廉トリストラ】(未登場→未登場→未登場→最上位最上位)
・評価
黒属性だけではあるが素早さを上げることが出来るのが魅力。
また、敵全体のクリティカルダメージを30%下げることが出来るので延命効果が期待できる。
アクティブスキル2は貫通付きなのでクリティカルが出るとダメージは絶大。
非常にバランスの良いキャラクターであり、使い勝手は良い。
また、白フラネールの復権によりジワっと彼女は再評価されつつある。
・装備
素早さやクリティカル率を上げたい。

【サンシャインマキア】(未登場→未登場→4最上位最上位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
アクティブスキルで味方全員にクイックを付与して恐ろしいほどの手数を繰り出せる。
うまくハマれば敵は動く間もなく壊滅間際まで追い詰められていることもある。
アタッカーとしてはやや非力であるが、
通常攻撃が全体攻撃であり瀕死の相手パーティーのトドメ役になりやすい。
アリーナで編成したまま放置していると他プレイヤーの対戦相手になった際
ダイナミックウェーブを先に発動して敵の火力を上げてしまい
防戦一方で敗北しやすいので敵のRP支援をしてしまうデメリットがある。
・装備
素早さを上げると良い。
非力であるため他のキャラに動いてもらうためにも追加攻撃率などは上げるべきではない。

◎上位◎

【エクレール(スキル強化)】(上位→中位→中位→最上位→上位)
・評価
かつてはジェイニーと共にヘイトを集めた王者。
スキル強化されたことで起用率は若干回復傾向。
ランカー帯ではそうでもないが主にプラ3狙いのプレイヤーを中心に起用率が高い。
ランカーで麻痺対策装備の使用率は低下しておりそこを狙うプレイヤーもいるようだ。
・装備
素早さ最優先。
状態異常成功率を上げる手もあり。

【オフィリア(スキル強化)】(下位→中位→上位→上位→上位)
・評価
スキル強化でサブ運用アタッカーとしてさらに優秀に。
長いこと放置されていた、特定条件でオートスキルが発動しないバグも修正されて評価上昇。
高火力の突発でバッタバッタと敵を倒すことに快感を覚えるプレイヤーも多いようだ。
ただし高火力サブは飽和気味であり、起用率は減少傾向。
・装備
素早さや突発攻撃率、反撃率、クリティカル率を上げると良い。

【ルチア】(未登場→未登場→未登場→未登場→上位)
・評価
オートスキルで味方全体の防御力を30%、クリティカル率15%、
さらに味方黒属性キャラのダメージを10%同時に上げられるのが魅力。
また、通常攻撃が敵二体に防御力150%の自属性ダメージと複数体なのが評価が高い。
アクティブスキルは共に攻撃対象が2体と狭いのが痛いが、その分ダメージは大きい。
カゲチヨと似たタイプだが対オルセンになり得ないのがやや評価を下げる。
・装備
通常攻撃が複数体でかつ威力もあるので防御力と反撃率を上げると良い。

【カサリナ】
・評価
味方全体のクリティカル率とブロック率を20%アップとオートスキルが非常に有用。
スキル2は対緑属性の必殺スキルとも言える性能。
さらにこのスキルには敵を倒した場合、次のターンを自分の行動とする。
そのためスキルを連発して敵に大ダメージを与えやすい。
まだ登場したばかりのため採用率は決して高くないが、これから伸びてくると思われる。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。

【銀狼ラージュリア】 (最上位→上位→最上位最上位→上位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
緑は絶対に許さないマン。
サンシャインマキアやバーチェなど緑属性が増えてきたことで復権。
火力役としてだけではなく、スキル2で強化不能を付与できるため
白フラネールやサンシャインマキアなどのバフ対策としても評価が高い。
ただし、オルセンの採用率が回復傾向にあるため評価は低下気味。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。
プラ3狙いであれば素早さよりもクリティカル率や攻撃力を上げるといいだろう。

【エリー】(最上位→最上位→上位→上位→上位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
スキル強化されたスキル2の貫通防御無視攻撃は非常に強烈。
オートスキルで味方全体のクリティカルダメージを20%上げることが出来る。
また、敵の被ダメージを10%上げられるのでサポート役としても重宝する。
攻撃面では非常に強力なキャラクターであるが、
その反動として致命的なほどに耐久性がなく攻撃する前に落ちやすい。
そのため性能の割に採用率は低く、評価も低い。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。
プラ3狙いであれば素早さよりもクリティカル率や攻撃力を上げて一発の効果を上げたい。

【ロザーナ】(未登場→最上位→上位→上位→上位)
・評価
白属性の火力担当。
全ての攻撃にブロック無視が付いているためダメージも安定しやすいのが高評価。
ただし、今ではバフや状態効果てんこ盛りの新キャラが多く彼女のスキルは見劣りする。
メインストーリーに関わるキャラだけにもう少し活躍の場がほしいが…
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。

◯中位◯

【メルメル(スキル強化)】(上位→下位→圏外→圏外→中位)
・評価
唯一アリーナで活躍の場を見いだせるヒーラー。
オートスキルの敵全体の弱体化成功率25%ダウンが大きな魅力。
また、スキル1のオートスキル以外のステータス弱体化効果を全解除は唯一無二。
今はバフ・デハフによるサポート合戦の様相を呈しており、彼女の評価は見直されている。
プラ3クラスでもジワっと採用されつつあり評価は上昇傾向にある。
・装備
素早さや追加攻撃率・ブロック率を上げると良い。

【ジェイニー(スキル強化)】(上位→上位→上位→上位→中位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
拮抗した展開で大きく戦局を変えるスピードスター。
サブとして重宝されてきた存在だが、オルセンやレジーナがほぼ全員に行き渡りつつある今、
評価はジワジワと低下傾向にある。
基本的にはサブに編成してやや逆境の状況をひっくり返す役になるだろう。
・装備
プラ3狙いであれば攻撃力と突発攻撃率を付けるのがオススメ。

【ロシュヴァーン(スキル強化)】(53→最上位→上位→中位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
オルセン、シュレディカ、サンシャインマキアなどの対策として起用されていた。
強化効果を解除する役目だけでなくアタッカーの役目もこなす。
ただし、彼女の魅力であった強化効果解除は新キャラが乱発されており価値が激減。
オートスキルの弱さが仇となり評価は低下一方。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。

【アセリア(スキル強化)】(6→中位→中位→中位→中位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
鉄壁の防御力を誇るキャラクター。
スキル強化されたスキル2は非常に強力だが、
動くのが遅いため発動前にパーティーが致命傷を負っているパターンも多い。
ディフェンダーとしては優秀だが、
今では一定の火力も持ち合わせたディフェンダーが求められており評価はどうしても落ちる。
・装備
攻撃スキルも防御力に依存しているので防御力を上げたい。
後は反撃率やクリティカル率を上げると良い。

【フランチェスカ(スキル強化)】(圏外→圏外→上位→上位→中位)
・評価
火力役としても優秀なディフェンダー。
ただし、どうしてもカゲチヨやルチアと比較すると大きく見劣りする。
また、オルセンの復権により評価は低下気味である。
・装備
防御力とクリティカル率を上げたい。

【リディア(スキル強化)】(圏外→上位→中位→中位→中位)
・評価
スキル強化によりかなり強化された。
凍結持ちで非常に厄介。
また、全攻撃に貫通が付いているため、いかなる状況でも本来の力を発揮しやすい。
オートスキルが頼りなく、ランカー帯での利用率は低いが凍結がハマれば一発逆転を狙える。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。
素早さ+10%付きの赤獅子の籠手を所持しているなら優先的に付けたい。

【真紅ロシュヴァーン】(未登場→未登場→未登場→未登場→中位)
・評価
攻撃力3000超えのアタッカー。
緑属性には非常に強いが、上位互換のようなカサリナが直後に登場したことで評価は上がらず。
また、スキル1がクリティカル確定でないことやオートスキルの性能から
クリティカル率を重視するか突発攻撃率を重視するかで二択を迫られ苦心する。
なにより素早さの劣る赤属性はオルセンにとって格好の的になりやすい。
ただし、潜在能力は非常に高く今後の流行次第では評価は上がるかもしれない。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。

【ウィルマ】(最上位→中位→下位→上位→中位)
・評価
高い攻撃力が魅力のキャラクター。
オートスキルで攻撃力を強化できるため相手の属性を物ともせずに高ダメージを叩き出す。
彼女がいる場合、赤属性は一撃で瀕死に陥りやすい。
色を選ばず味方のクリティカル率を上げられるのも大きな魅力の一つ。
現在赤属性は勢いがなく主流ではないため、彼女の評価も今ひとつである。
・装備
オートスキルで攻撃力の強化は出来ているので素早さを上げたい。
また追加攻撃率や反撃率を上げておくと大きな戦果になりやすい。

【エルザ】(上位→5→最上位→中位→中位)
・評価
元ランカーテンプレ六傑集。
青は絶対に許さないマン。
かつてはオルセン対策として起用したり
ロザーナやロシュヴァーンの強化役としてセットで起用するプレイヤーが多かった。
ただし、今では対オルセンの幅は広がっており彼女の出番は少ない。
オートスキルで味方全体のダメージ強化が出来るのが強み。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。

△下位△

【ヴェロニカ(スキル強化)】(上位→中位→中位→中位→下位)
・評価
強力なアタッカー。
リキャストの少なさでアクティブスキルを連発できるのが彼女の強み。
なのだが、耐久性に問題があり連発する前に落ちてしまうことがほとんどである。
サブ運用が視野に入ってくるが、現状サブ火力は飽和気味であり選択肢としては入らない。
そのため、彼女の力を発揮させるのは不可能に近く起用率は低い。
・装備
突発攻撃率とクリティカル率を上げると良い。

【ルル(スキル強化)】(下位→下位→下位→下位→下位)
・評価
白属性のパワータイプ。
非常に強力なキャラクターではあるが、素早さの低さが致命傷となる。
スキル2で白属性のクリティカル率を40%引き上げるのは大きな魅力であるが、
現状のアリーナでは恩恵を受けられる白高火力キャラクターはいない。
それでもサポートとしても優秀なのでプラ3狙いであれば活躍する場は少なくない。
・装備
素早さを上げると良い。
クリティカルは自身のスキルで補完できるので攻撃力や追加攻撃率を上げる方が良い。

【カロル(スキル強化)】(下位→下位→下位→下位→下位)
・評価
アタッカーとサポーターを両立する優秀なキャラクター。
スキル強化によりサポート能力が大幅に強化されたのが特徴。
非常にバランスが良く使いやすいため万人に向くキャラクター。
・装備
サポート能力を発揮するためにも素早さを上げるべき。

X★4★3勢X

【チアガヘリーゼ】
・評価
オートスキルで味方全体の攻撃力を25%アップは評価できる。
また、スキル2は敵全体へ攻撃力100%の攻撃であり★4としては優秀なスキルだろう。
イベントアリーナで★4以下の場合、活躍の場があるだろう。
・装備
素早さやクリティカル率を上げたい。

【イオリ】
・評価
★4では久しぶりの新キャラ。
オートスキルで敵の防御力を25%下げられるのが魅力。
イベントアリーナで★4以下が開催されれば高い評価を得られる可能性がある。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。

【浜辺アセリア】
・評価
★4の中では規格外の攻撃力を持つ。
火力が高いだけでなくオートスキルで味方全体のダメージが25%アップできるのが魅力。
リキャスト数が低いのも良い。
イベントアリーナで★4以下が開催されれば間違いなく主力となるだろう。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。

【波打ち際のガレサ】
・評価
アタッカーとして優秀なだけでなく
オートスキルで味方全体のクリティカル率を25%上げられるのが魅力。
リキャスト数が低いのも良い。
浜辺アセリアと共に期間限定キャラなのでガチャで入手していない場合は入手方法がないのが痛い。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。

【シェーレ】
・評価
★4らしからぬ一発力を持ったアタッカー。
幽闇で大ダメージを与えることができれば優位になれるだろう。
オートスキルで相手の防御力が下げられるのでアタッカー不足の時は組み込むのも手。
・装備
幽闇で敵のHPを削るのがメインとなるので素早さとクリティカル率を上げると良い。

【ウェイン】
・評価
サポート役として高い評価を誇るキャラクター。
オートスキルの味方全体クリティカル率25%アップは非常に便利。
戦力が足りない時は優先的に入れたいキャラクター。
・装備
素早さと攻撃力を上げると良い。

【ルピア】
・評価
★4最強アタッカー。
攻撃力だけであれば★5アタッカーと並ぶ性能と言っても過言ではない。
戦力不足であれば起用していきたい。
・装備
攻撃力とクリティカル率に全力で問題ない。

【ツキミ】
・評価
劣化版マリアンナ。
オートスキルが敵全体の攻撃力25%ダウンのため耐久不足の時に起用すると良い。
・装備
やや非力なため攻撃力を上げたほうが良い。
素早さは致命的に低いのであえて切り捨てるほうが無難。


【パーティー編成】

ee892633912678076eab8a11df9c0bc9

現状で上位勢に人気のある六人です。
彼女たちを限界突破2以上で揃えれば、
プラ3まで連勝で勝ち上がっていくことが大半になるでしょう。

f3056966fcc27b7a3c40c72926f616bd

★5が一体もいない場合の編成
これではプラ3はあまりにも厳しいと言わざるを得ない。



UNITIAの編成は奥が深い…
ff8e20367e44ba79b9e6becd977ebd31