★5キャラクター 白属性評価

攻撃力・防御力・素早さ・補助・アリーナ・ギルド/レイドで評価します。
それぞれの評価基準は以下の通りです。
攻撃力 攻撃力の能力値とスキルの威力を総合した評価
基準 攻撃力2800以上:S 攻撃力2600以上:A 攻撃力2400以上:B
   攻撃力2200以上:C 攻撃力2000以上:D 攻撃力1999以下:E
防御力 防御力の能力値とHP値、スキルの効果を総合した評価
基準 防御力1400以上:S 防御力1300以上:A 防御力1200以上:B
   防御力1100以上:C 防御力1000以上:D 防御力999以下:E
素早さ 素早さの能力値とオートスキルの効果を総合した評価
基準 素早さ58以上:S 素早さ55以上:A 素早さ54:B
   素早さ53:C 素早さ51以上:D 素早さ50以下:E
補助 オートスキルとアクティブスキルのバフ・デバフを総合した評価
アリーナ アリーナでランカー帯まで使えるほど評価が高い
ギルド/レイド ギルドクエストやレイドイベントでより結果を残せるほど評価が高い

【カゲチヨ】
評価:S
capture101

攻撃力D
防御力S
素早さD
補助A
アリーナS
ギルド/レイドB
総評
ポニーナに続くディフェンダーキャラクター。
オートスキルで味方全体の防御力を30%アップ、被ダメージを30%ダウン(1回)させることが出来る。
ポニーナと違いヘイトを集めるキャラクターではないのでセット起用しているプレイヤーがほとんどである。
彼女のアクティブスキルは、防御力依存であったり相手の強化効果数による固定ダメージであったりと攻撃力の低さはマイナスにならない。
それ故にポニーナと違いアタッカーとしてもある程度の期待ができる。
また、アクティブスキル2の『六識・開闢光明』は敵のオートスキル以外での強化効果を2つ解除できる。
そのため、シュレディカやオルセン対策としても若干の期待が持てる。

【パトラ】
評価:C
capture102

攻撃力B
防御力B
素早さC
補助B
アリーナD
ギルド/レイドC
総評
完全に特定イベント向けのキャラクター能力である。
オートスキルは、敵全体の攻撃力を25%下げることが出来る。
また、凍結無効のため凍結対策必須のギルドやレイド向けになる。
しかし、イベント向けながらアクティブスキル1は複数体攻撃でありダメージは小さいのが難点。
よってあえて起用せずに凍結対策装備で済ませるプレイヤーも多い。
かなり起用方法が限られるキャラクターであり★5としては疑問符がつく。

【シュレディカ】
評価:S
capture100

攻撃力C
防御力D
素早さA
補助S
アリーナS
ギルド/レイドS
総評
かつて、アリーナを席巻した絶対的キャラクター。
オートスキルで味方全体のクリティカル率を20%アップすることが出来る。
また、スキル2『フィールヴェルト』は味方全体のダメージを30%アップ、ラストスタンド付与、敵全体のダメージ40%ダウン、防御力30%ダウンとチート級のスキルであった。
今では弱体化耐性装備や強化効果解除キャラが増えたことで評価は落ち着いてはいるが、それでもなお起用率は高い。
バフ・デバフが強力なため、ギルドやレイドでも主軸として活用しやすい。

【ロザーナ】
評価:A
capture99

攻撃力S
防御力E
素早さA
補助A
アリーナA
ギルド/レイドS
総評
全キャラクターでもトップクラスの火力を持つキャラクター。
本来の攻撃力も高いだけでなく、オートスキルにより攻撃力が25%アップ、ダメージも15%アップされる。
さらに自分の素早さも5%アップさせるため素早さ対決でも引けを取らない。
すべての攻撃がブロック無視貫通攻撃になるため攻撃特化編成の場合組み込まれやすく、恐ろしいダメージを叩き出す。
エルザとの相性が恐ろしいほど良く、ほぼ高確率で同時編成されている。

【エルザ】
評価:A
capture26

攻撃力 B
防御力 D
素早さ A
補助 S
アリーナ A
ギルド/レイド S
総評
全ての能力が高く収まる優秀なキャラクター。
オートスキルで味方全体のダメージを25%アップ、味方白属性キャラの弱体化耐性を15%アップさせることができる。
アクティブスキルは相手に青属性がいればスキル2『キリエ・エレイソン』が絶大な効果を発揮する。
一方で、青属性がいない場合でもスキル1『聖乙女の凱歌』で攻撃しつつ味方全体のダメージを20%アップさせるバフを付与することができる。
状況でアタッカーにもサポーターにも即切り替えられる身軽さが彼女の大きな魅力の一つと言える。
それ故にアリーナやギルドクエスト等、場所を選ばずに第一線で活躍できる。


【ひろいんユーディット】
評価:D
capture27

攻撃力 B
防御力 E
素早さ D
補助 D
アリーナ D
ギルド/レイド D
総評
リミテッドクエストで配布された★5キャラクター。
それ故に能力はかなり厳しいものとなっている。
オートスキルは、味方全体に状態異常無効(1回)と★4キャラが持っているものと同じになっている。
アリーナやギルドクエストどちらにも活躍の場は少ない。
ただし、リミテッドクエストで同イベントが復刻される場合などにはオートスキルが強化され活用の場が増える。


【アンジェリカ】
評価:C
capture28

攻撃力 D
防御力 S
素早さ D
補助 C
アリーナ B
ギルド/レイド D
総評
耐久性が魅力のキャラクター。
彼女のオートスキルは、自分がダメージを受けた時、
一定確率で味方全体のブロック率25%アップ(3回まで重複)となっている。
耐久が高く、さらに攻撃を受けるとパーティー全体のブロック率を大幅に強化出来るので長期戦で抜群の効果を発揮する。
ただし、あくまでも自分がダメージを受けること前提なためアリーナでは扱いづらい。
ギルドクエストには不向きなキャラクターだが、ヘイトを集め壁としての役割が出来るため編成次第では組み込むことが出来る。


【フラネール】
評価:A
capture29

攻撃力 C
防御力 D
素早さ S
補助 S
アリーナ A
ギルド/レイド B
総評
数少ないオートスキルで素早さアップを持つ非常に重要なキャラクター。
他のキャラクターは、倒された時点で効果が消失するのに対してフラネールは倒されても効果が継続するのが特徴。
また、序盤から登場していたことや天使サーニャは限定ガチャであったため今でも一定数で起用するプレイヤーがいる。
ギルドクエスト等ではスタメンで起用した後にわざと即やられオートスキルの効果のみ活用するという特殊な使用方法がある。


【ルル】
評価:B
capture30

攻撃力 B
防御力 D
素早さ C
補助 B
アリーナ C
ギルド/レイド A
総評
白属性で染めることで能力を発揮するキャラクター。
オートスキルで味方白属性のブロック率を30%アップ、
自分のダメージを20%アップさせる。
スキル強化で、スキル2『粒子衝撃』が大幅に強化。
白属性に染めている場合はルルだけでクリティカル率は40%ものバフがかかる。
ギルドでは大いに役立つ存在だが、アリーナでは白染めという条件があるため使いづらい。


【ロシュヴァーン】
評価:B
capture31

攻撃力 A
防御力 E
素早さ B
補助 B
アリーナ B
ギルド/レイド B
総評
対オルセンとして抜群の相性を持つキャラクター。
オートスキルは、自分のHPが0になる時、一度だけHP1で耐えるというかなり魅力のないものとなっている。
しかし、アクティブスキルは封印付与や強化不能付与、さらにはオートスキル以外の強化効果を全解除などオルセンへ抜群に相性の良いスキルとなっている。
さらには長期戦に強く、通常攻撃が120%の自属性ダメージかつ自分のHPを敵ダメージ量に応じて回復という全キャラクター唯一の性能を持つ。
その通常攻撃とアクティブスキルの優秀さから活躍の場は幅広く使い勝手の良いキャラクターと言える。


【サーニャ】
評価:C
capture33

攻撃力 E
防御力 A
素早さ D
補助 S
アリーナ C
ギルド/レイド D
総評
ヒーラーではトップクラスの性能を持つキャラクター。
オートスキルで味方全体の防御力を25%アップ、HP回復量を30%アップさせる。
オートスキルとの相乗効果でスキル2『オールエント』の回復量は非常に心強い。
また、スキル1『ホワイトトリアージュ』で味方単体をHP30%で蘇生させることが出来る。(スキル強化で40%に上昇)
蘇生スキルはルスランと彼女だけが持つスキルであり、
耐久パーティーを編成した場合における影響力は絶大である。
現状ヒーラーの立ち位置は厳しく、彼女の評価も低いが流行の変化が起これば今後間違いなく復権するだろう。