【更新理由】キャラクター追加&評価書き換えのため

6934dd15d36326963491bb76fd5bc02b

未だに更新を続けているUNITIAの攻略サイトが少ない!!
ということでたまには攻略情報アリーナ編になります。
あくまでもプラ3確保の方法としてご覧ください。
上位ランカーは参考になりませんのでスルーしてください。

【キャラクター】
以下のカテゴリーで最上位のメンバー(限界突破2以上)でパーティーを組めば
装備がよほど酷くない限りプラ3に行けないということはあり得ません。
ただし入手が困難なキャラクターもいますので
揃わない人は上位・中位と組み合わせてください。

★最上位★
[★5スキル強化]ロシュヴァーン,レジーナ
[★5]シュレディカ,天使サーニャ,エルザ,ポニーナ,オルセン,エリー,ロザーナ

◎上位◎
[★5スキル強化]リディア,フランチェスカ
[★5]銀狼ラージュリア,ジェイニー,レオーネ,サンドラ

◯中位◯
[★5スキル強化]オフィリア,アセリア,ヴェロニカ
[★5]エクレール,フラネール,アンジェリカ,ウィルマ

△下位△
[★5スキル強化]ルル,エル・アルハ,カロル,メーヴィス
[★5]ナズナ,迎春リオノーラ,マリアンナ,ランスロー,サーニャ,メルメル,クリスマスメルメル

X★4★3勢X
[★4]ラージュリア,シェーレ,ロウェーヌ,ウェイン,コルタ,ルピア,ツキミ

★最上位★

【ロシュヴァーン(スキル強化)】
・評価
ランカーテンプレ六天王の一人にして六天王第三位。
シュレディカの登場により彼女の地位は確固たるものに。
シュレディカの強化効果を解除する役目だけでなくアタッカーの役目もこなす。
レジーナをサブにしている人は彼女がスタメンの火力担当であることが多い。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。

【レジーナ(スキル強化)】
・評価
ランカーテンプレ六天王の一人にして六天王第四位。
恐ろしいほどのダメージを叩き出すアタッカー。
ポニーナが猛威をふるい始めた結果、彼女への対抗策として一気に流行。
シュレディカとの相性が凄まじく火力の中心的役割を担う。
オルセンが一気に弱体化した結果として彼女の突発攻撃が非常に効果的になったので
生存率を高めるためにあえてサブに起用する人も多い。
・装備
突発攻撃率に全振り。
プラ3狙いであれば攻撃力振りでもいい。

【シュレディカ】
・評価
登場後数日でオルセンを退場に至らしめたランカーテンプレ六天王の一人にして
六天王を束ねる絶対的王者(チートキャラ)。
彼女の登場でランカーの勝率軒並み9割超えの勝負というアリーナの破壊者。
彼女が先手でスキル2『フィールヴェルト』を放てば、ほぼ勝ち確である。
逆に彼女にスキル2を使わせない役目を担うキャラはひっそりと立場を強めることに。
彼女なしにランカー入りするのは至難の業であり必須クラスである。
現状では彼女の立場を揺るがすキャラクターは想像できない。
・装備
絶対的に素早さ。
次にクリティカル率や追加攻撃率を上げると良い。
エクレール対策にHPアップ装備品に麻痺耐性装備を付けている人も多い。

【天使サーニャ】
・評価
ランカーテンプレ六天王の一人にして六天王第二位。
サポート役において絶対的な存在として君臨する。
ランカー帯ではシュレディカにどれだけ早く動いてもらうかの勝負になっているので
彼女がいない時点でランカー不可と言っていい。
エルザの攻撃により瞬殺されることも多いので、多少の対策は必要である。
・装備
素早さを上げると良い。
エルザに瞬殺されるのを防ぐためにブロック率を上げると多少の延命は期待できる。

【エルザ】
・評価
ランカーテンプレ六天王の一人にして六天王第五位。
青は絶対に許さないマン。
シュレディカの登場により立場が急上昇。
天使サーニャやオルセンを瞬殺する役目を担う。
特に天使サーニャを早い段階で瞬殺できた場合は、相手の速度が落ち高確率で勝ちを拾える。
オートスキルで味方全体のダメージ強化が出来るのも強み。
ロザーナを組み込む場合には立場を変え、スキル1で彼女を強化する役目を担う。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。

【ポニーナ】
・評価
ランカーテンプレ六天王の一人にして六天王第六位。
登場後、即ランカーが次々に採用した最強ディフェンダー。
オルセン対策の盾となっていたが、オルセン自体が弱体化。
代わってシュレディカが伸びてくると火力ゴリ押しが主流に。
オートスキルで敵の攻撃力を25%下げるだけでなく高火力の突発攻撃を一身に受け
パーティーを延命してくれる彼女の存在は大きい。
・装備
防御力は確実に上げたい。
通常攻撃は一定確率で固定500ダメージが付いているので反撃率を上げるのもいい。

【オルセン】
・評価
シュレディカの影響で六天王トップの座から引きずり降ろされた元絶対的女王。
通常攻撃に封印が付いているのが最大の特徴。
スキル2の能力は唯一無二で恐ろしいほどの突発攻撃の嵐で封印を付与させていく。
ランカー帯での起用率が落ちたとはいえ、トドメ役としてサブ運用している者はいまだに多い。
プラ3入り口まで行くためであれば単体で強い彼女は今でも不動の存在といえる。
・装備
サブ起用であればクリティカルや素早さを上げると良い。
スタメン起用であれば素早さ、耐久パーティーなら防御を上げたい。

【エリー】
・評価
元ランカーテンプレ六天王。
強力アタッカーでスキル2の貫通防御無視攻撃は非常に強烈。
オートスキルで味方全体のクリティカルダメージを20%上げることが出来る。
また、敵の被ダメージを10%上げられるのでサポート役としても重宝する。
レジーナとの相性の悪さでランカー帯での利用率はさほど高くはないが、
白属性に勢いがある中で彼女の評価は高い。
オートスキルが優秀故に、安定して最上位に居座るベテラン兵士。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。
プラ3狙いであれば素早さよりもクリティカル率や攻撃力を上げて一発の効果を上げたい。

【ロザーナ】
・評価
白属性の火力担当。
彼女を起用するランカー帯は、エルザと組み合わせる事が多い。
エルザにスキル1を使わせてからの彼女の攻撃は、
アタッカー最強のレジーナを凌駕するほどの恐ろしい火力を叩き出す。
全ての攻撃にブロック無視が付いているためダメージも安定しやすいのが高評価。
白属性に勢いのある今、彼女の評価が下がることはない。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。
ただし、素早さを上げすぎるとシュレディカやエルザより前に行動してしまう。
そのため微調整が必要となる点に注意したい。

◎上位◎

【リディア(スキル強化)】
・評価
スキル強化により評価は大幅に上方修正された。
凍結持ちで非常に厄介なことと全攻撃に貫通が付いているため、
絶対女王のシュレディカの影響を受けにくいのが特徴。
オートスキルが頼りなく、ランカー帯での利用率は低いが凍結がハマれば一発逆転を狙える。
また、スキル1に素早さ10%ダウンのデバフが付いているのも評価が高い。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。
素早さ+10%付きの赤獅子の籠手を所持しているなら優先的に付けたい。

【フランチェスカ(スキル強化)】
・評価
火力役としても優秀なディフェンダー。
それ故にディフェンダーとしては最もシュレディカと相乗効果が高い。
ヘイト持ちではないのでポニーナにディフェンダートップの座は渡しているが、
併用しているランカーも少なくない。
強化したスキル1は、ディフェンダーとは思えぬダメージを叩き出す。
青属性は勢いを失いだしており、彼女の評価は上昇気流にある。
・装備
防御力とクリティカル率を上げたい。

【銀狼ラージュリア】
・評価
元ランカーテンプレ六天王。
緑は絶対に許さないマン。
スキル2の攻撃は強烈の一言で敵の体力を根こそぎ奪う破壊力がある。
オートスキルがポニーナと被ってしまっているため、評価が落ちる。
とはいえ、レジーナ対策として起用する者も少なくなく安定した人気がある。
・装備
素早さとクリティカル率を上げたい。
プラ3狙いであれば素早さよりもクリティカル率や攻撃力を上げるといいだろう。

【ジェイニー】
・評価
元ランカーテンプレ六天王。
拮抗した展開で大きく戦局を変えるスピードスター。
彼女のオートスキルを考えればメインで使うのはオススメ出来ない。
サブに編成してやや逆境の状況をひっくり返す役になるだろう。
プラ3入り口では、まだ彼女の起用率は高い。
・装備
プラ3狙いであれば攻撃力と突発攻撃率を付けるのがオススメ。
5連続攻撃で戦局が変わってたなんてのはザラに見れるだろう。

【レオーネ】
・評価
元ランカーテンプレ六天王の一人。
アタッカーとして優秀なキャラクター。
青属性の衰退により評価はまた上昇傾向にある。
ランカー帯でも稀に見かけることが出来る。
・装備
素早さと攻撃力を上げると良い。

【サンドラ】
・評価
オートスキルの敵全体の防御力30%ダウンが強力。
また、対レジーナ用として起用するランカーも稀に見かけることが出来る。
レジーナとセットで評価が上下するキャラクター。
・装備
素早さとクリティカル率を上げると良い。

◯中位◯

【オフィリア(スキル強化)】
・評価
スキル強化でサブ運用アタッカーとしてさらに優秀に。
放置されていた、特定条件でオートスキルが発動しないバグも修正されて評価上昇。
ランカー帯でも利用している人を稀に見かけるように。
白属性が伸びてきたことで彼女の評価も上がりつつある。
・装備
素早さや突発攻撃率、反撃率、クリティカル率を上げると良い。

【アセリア(スキル強化)】
・評価
元ランカーテンプレ六天王。
鉄壁の防御力を誇るキャラクター。
白属性の勢いが出てきたことで彼女の評価は落ちることに。
また、シュレディカの登場で火力ゴリ押しが主流になるとフランチェスカが台頭。
ディフェンダーの中では三番手の位置となった。
・装備
攻撃スキルも防御力に依存しているので防御力を上げたい。
後は反撃率やクリティカル率を上げると良い。

【ヴェロニカ(スキル強化)】
・評価
強力なアタッカー。
リキャストの少なさでアクティブスキルを連発できるのが彼女の強みとなっている。
レジーナとの相性の悪さ故にランカー帯での利用率は低い。
ただし、オルセンが減少したことで彼女のオートスキルの評価は回復傾向にある。
今後の流行次第で彼女の評価は大きく変わってくると言える。
・装備
突発攻撃率とクリティカル率を上げると良い。
スタメンで使うなら素早さを上げるといいだろう。

【エクレール】
・評価
元ランカーテンプレ六天王。
プラチナに上がると火力よりもサポート的な役割が期待される。
オートスキルで自身のヘイト値が下がるため生存力が高く、
尚且味方の攻撃力を上げるのでパーティーが安定してダメージが出せるため。
シュレディカ対策としてプラ3入口からランキング100位前後までの利用率が上昇傾向にある。
・装備
デストルクシオの麻痺が入ると優位に進めることが出来る。
そのため、先制出来るように装備は絶対的に素早さを上げるべき。
通常攻撃が複数体へのダメージなので追加攻撃率や反撃率を上げると瀕死の敵を一掃しやすい。

【フラネール】
・評価
元ランカーテンプレ六天王。
天使サーニャに役目を奪われたが、併用するプレイヤーも少なからず存在する。
倒された後もオートスキルのバフは継続するのが強み。
限界突破なしの天使サーニャを編成するくらいならフラネールのほうが良い。
相手にエクレールやリディアがいて先手が取れるのであればエンドオブライを使い、
いなければテンプテーションを使うと良い。
・装備
装備は絶対的に素早さを上げるべき。
通常攻撃が全体対象なので追加攻撃率や反撃率を上げておけば多少の成果を出せる。

【アンジェリカ】
・評価
味方のブロック率を上げてくれるディフェンダー。
しかし、自分自身がダメージを受ける必要があるのが欠点。
ポニーナと併用して味方全体の生存力を高める編成が、
プラチナ3入口から中位では多く見られる。
・装備
防御力に全振りで構わない。
素早さなどは気にする必要はない。

【ウィルマ】
・評価
高い攻撃力が魅力のキャラクター。
オートスキルで攻撃力を強化できるため相手の属性を物ともせずに高ダメージを叩き出す。
彼女がいる場合、銀狼ラージュリアは一撃で瀕死に陥りやすい。
色を選ばず味方のクリティカル率を上げられるのも大きな魅力の一つ。
白属性が伸びてきた結果、彼女の評価はやや落ち気味。
・装備
オートスキルで攻撃力の強化は出来ているので素早さを上げたい。
また追加攻撃率や反撃率を上げておくと大きな戦果になりやすい。

△下位△

【ルル(スキル強化)】
・評価
白属性のパワータイプ。
白属性隆盛の勢いに乗って評価が上がるかと言えば白染めまで到達しておらず現状維持。
非常に強力なキャラクターではあるが、素早さの低さが致命傷となる。
それでもサポートとしても優秀なのでプラ3狙いであれば活躍する場は少なくない。
・装備
素早さを上げると良い。
クリティカルは自身のスキルで補完できるので攻撃力や追加攻撃率を上げる方が良い。

【エル・アルハ(スキル強化)】
・評価
強力なヒーラー兼サポーター。
プラチナ3以上でもレジーナやエリーなどの強化役として使うプレイヤーが一定数いる。
オートスキルでブロック率が大幅にアップするので生存力も高い。
ただし、サポート役はシュレディカに引き継がれており評価は低迷しつつある。
・装備
素早さと防御力を上げると良い。

【カロル(スキル強化)】
・評価
アタッカーとサポーターを両立する優秀なキャラクター。
スキル強化によりサポート能力が大幅に強化されたのが特徴。
非常にバランスが良く使いやすいため万人に向くキャラクター。
・装備
サポート能力を発揮するためにも素早さを上げるべき。

【メーヴィス(スキル強化)】
・評価
オートスキルも優秀なアタッカー。
スキル強化によりポイントブランクは非常に強力なスキルとなっている。
最上位クラスに比べればやや一発力に欠けるがステータスも優秀で使い勝手の良い存在。
レオーネや銀狼ラージュリアとのパーティー相性は抜群。
・装備
プラチナ3狙いであればアポカリプスでどれだけ敵を一掃できるかが決め手になる。
そのため、攻撃力とクリティカル率が最優先になる。

【ナズナ】
・評価
バフによる補助とアタッカーとしての両面を持つオールラウンダー。
オルセンとの相性が非常に良く彼女の補強的役割をこなせる。
しかし、オルセン自体が衰退しつつある今では彼女の評価も低迷している。
・装備
素早さやクリティカル率・追加攻撃率を上げるといいでしょう。

【迎春リオノーラ】
・評価
長期戦に強いディフェンダー。
オートスキルで味方全体の被ダメージを25%下げられるのが強力。
フランチェスカと違いディフェンダー寄りのためやや評価が落ちる。
今後の展開次第では評価は変わってくるだろう。
・装備
防御力を上げると良い。

【マリアンナ】
・評価
旧ランカーテンプレ六天王の一人。
アドヴェントゥスを使うことでダメージを減らして優位的に戦うことが出来る。
やや素早さに難があり行動する先に相手が一巡してしまうこともある。
プラ3以上では貫通攻撃持ちキャラクターを編成したプレイヤーが多いので
エワンゲリウムについては過度な期待はしないほうがいい。
・装備
アドヴェントゥスがどれだけ早く使えるかが重要になるので素早さが最優先。

【ランスロー】
・評価
黒属性に滅法強いキャラクター。
エクレールやエリーをスタンさせ優位に戦えるのがメリットだったが、
ポニーナの登場で彼女の立ち場は厳しいものになったと言っていい。
それでもレジーナのサポート強化役として起用するプレイヤーは一定数存在する。
・装備
素早さに全振りしなくてもオートスキルでトップクラスになる。
そのため先手を取れるくらいに留めて攻撃力やクリティカル率を上げる方がいい。

【サーニャ】
・評価
ヒーラーとしては最も評価の高いキャラクター。
オートスキルで回復量がアップするので特に耐久と相性がいい。
サブで起用して蘇生役として働かせるプレイヤーも一定数存在する。
・装備
防御力や追加攻撃率を上げると良い。

【メルメル】
・評価
オルセンを主軸とした青の耐久が流行った結果、彼女の評価も急上昇。
オルセンやロシュヴァーンの封印対策や回復役として入れる人が見られた。
現状ではオルセンは衰退し、火力ゴリ押しになった結果彼女の入る余地はなくなった。
・装備
装備は素早さや防御力を上げていきましょう。

【クリスマスメルメル】
・評価
優秀なアタッカーだが、やや使いづらいキャラクターでもある。
相手のパーティーに赤が多ければスキル2を使い、そうでなければスキル1を使うと良い。
オートスキルで突発攻撃率が上がるのが強み。
最大の問題点として期間限定ガチャのため現状では入手方法がないことが挙げられる。
・装備
素早さやクリティカル率を上げたい。

X★4★3勢X

【シェーレ】
・評価
★4らしからぬ一発力を持ったアタッカー。
幽闇で大ダメージを与えることができれば優位になれるだろう。
オートスキルで相手の防御力が下げられるのでアタッカー不足の時は組み込むのも手。
・装備
幽闇で敵のHPを削るのがメインとなるので素早さとクリティカル率を上げると良い。

【ウェイン】
・評価
サポート役として高い評価を誇るキャラクター。
オートスキルの味方全体クリティカル率25%アップは非常に便利。
戦力が足りない時は優先的に入れたいキャラクター。
・装備
素早さと攻撃力を上げると良い。

【ルピア】
・評価
★4最強アタッカー。
攻撃力だけであれば★5アタッカーと並ぶ性能と言っても過言ではない。
戦力不足であれば起用していきたい。
・装備
攻撃力とクリティカル率に全力で問題ない。

【ツキミ】
・評価
劣化版マリアンナ。
オートスキルが敵全体の攻撃力25%ダウンのため耐久不足の時に起用すると良い。
・装備
やや非力なため攻撃力を上げたほうが良い。
素早さは致命的に低いのであえて切り捨てるほうが無難。


【パーティー編成】

6934dd15d36326963491bb76fd5bc02b

現状で上位勢に人気のある六人です。
彼女たちを限界突破2以上で揃えれば、
プラ3まで連勝で勝ち上がっていくことが大半になるでしょう。

f3056966fcc27b7a3c40c72926f616bd

★5が一体もいない場合の編成
これではプラ3はあまりにも厳しいと言わざるを得ない。



UNITIAの編成は奥が深い…
ff8e20367e44ba79b9e6becd977ebd31